読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日常的に未来の人間を考える

まきちゃんからもらった占いの本に今年が分かれ目だとか書いてあった気がする。意識せずとも「今年はこんなことしましょうよ」という楽しい誘いがたくさん来る。とても面白いけど、多分いっぱんじょうしき的にはそんなに良いもんには見えないかもしれないのだろう。でもわたしはそれを面白いと思う。自分が面白いと思うヒト、コトくらいは自分でわかっているので安心だ。

最近は人間について考えることが本当に増えた。
宗教をつくるワークショップやかみさまの話をする会を開くからかもしれないし、サピエンス全史を読んでいるからかもしれないし、会う人会う人自分の哲学を持っている人ばかりだからかもしれない。

 

かみさま夜会

マイ宗教を作ってみよう!@阿佐ヶ谷a-Camp

 


今日はカウンターカルチャーとかミレニアム世代のカルチャーを発信しているHEAPSさん、世界中の小さくて光るイノベーションを発信するBe inspired!さんが主催した上映会へ行った。
「0円キッチン」は気になっていた映画。フードロスという言葉を知る前から、私は自分が食べ物を余らす側の世界に居ることは知っていたけれど、毎日食べ物に関わる中でそのことを全く意識しない日のほうがとても多かった。
どう関わるかは、「これが正解」というのはないと映画を見て思ったし、その「悩み」のところが描かれた映画でよかった。

 

f:id:fuyuhatsutomete:20170120015603j:plain

▲タッパー持っていろんなところに行くのが恥ずかしくなくなる!嬉しい!


f:id:fuyuhatsutomete:20170120015903j:plain

▲未来の食べ物かな〜。お酒にぜったい合う!お蚕さん。


「行動に移そう」というのはよく言われることだけど、どこかでそういう言葉への気に食わなさってあるものだ。それより本読んだほうがいいことだってある。イベントはイベントでしかない、けど部屋にこもっていたって何も変わらない。

日常と世界が一緒だということをちゃんとわかって生活することが今年の(も)私のテーマになりそうだ。
一つを信じず、全部知ろう。

f:id:fuyuhatsutomete:20170120020005j:plain

▲名刺ができました。うれしい。

(む)