皆既日食の日に寄せて書いた日記。


2014年10月8日。


秋の皆既月食はゆっくり見られそうで素敵だけど、曇りの予報ですね。



三年前?大学一年生の冬にも皆既月食がありました。荻窪で見た記憶があります。想像していたゲッショクとは少し違くて、なんだか赤黒くて怖かった覚えがあります。

 
もう秋で、もう寒くて、年末が近づいて来ているんだなと思います。
でも私の頭は先月からストップしています。


先月、初めて一人で宿泊をしました。


親戚や友人宅に泊まる、友達と旅行する、家の鍵がなくて庭で寝る、夜ぼんやり歩いてたら気づけば朝だった・・なんてことはあっても、一人で知り合いもいない土地で宿に泊まるという経験はしたことありませんでした。

鳥取ラクダに乗って、和歌山の浜辺の映画祭に行く途中の二泊、大阪で一人過ごしました。

一人と言っても、沢山の色とりどりな人と出会い、お話をしました。
見るもの出会う人、全部うそみたいでほんっとにばかばかしい時間でした。みんな本当に人情深いけれど、生きることに必死で、妙な緊張感があって、生きてるなー!って感じ。

二年前のゼミ合宿で一瞬立ち寄った新世界市場があまりにもシャッター商店街で驚愕し、絶対また見に来ようと思って再訪しました。
行ってみたらセルフ祭りという町おこしが行われていて、これがまたトンでてかっこいい。パレードとかやったときは「ホームレスビックバンド」とかいたらしい。

独創的進化を遂げた新世界市場の例その1新世界市場 その1

 
独創的進化を遂げた新世界市場の例その2新世界市場 その2

 
私が出会ったのは空きテナントで雑貨屋 兼 居酒屋 兼 カラオケ みたいなことしてる派手でかわいいマダム、愛ちゃんでした。昼間っからビール飲みながらお話ししてたらいろんな歌手を教えてくれて優しかった。

 
愛ちゃんの自転車愛ちゃんの自転車

 
わがまま広場愛ちゃんわがまま広場愛ちゃん

 
わがまま広場愛ちゃんわがまま広場愛ちゃん


 
それで、夜はカラオケ屋さんやってるっていうから行ってみようと思ったのですが、

見つからない。


地図読めない。iPhone壊れてたので位置情報サービス使えない。うろうろしてたら昼間は近づかないように気をつけてた飛田新地の入り口まで来ていて好奇心と戦っていたら隣に車が止まったので走って逃げました。

ジャンジャン横町でおしゃべりしたギター弾きのおじいさんが「日が暮れたらこっから先は行っちゃだめだ」と言っていたのを思い出しました。

でも結局、西成の交差点の角にある居酒屋でおでん食べていたのですが、ここのマスターはどうやらこの世界の秘密をつかんでいるようで、いかに日本が、私たちがーーーに操られていているのか教えてくれました。あの人ただ者じゃなかったな。

それで子供の頃から見ていたというこの地区のことを沢山教えてもらって、いろいろ見せてもらいました。この地区を表す言葉をいろいろ思い浮かべていたのですが、普段はつかわないひどい言葉しか思いつかなかった。でも無数のカラオケ屋のお姉さんと、ネオンは綺麗でした。明るくて楽しそうだったし。楽しかったし。
(▲この時、酒場に荷物を置いてお客さんの1人の案内で西成見物へ連れて行ってもらいました。若気の至り、秘密の心持ちでした。警察署のとなりのスナックでつぐないを歌って「音痴!」と怒鳴られたり、両隣のおじさんが喧嘩しに外へ出ていってお巡りさんと帰ってきたり、思い出深いです。2018.9.14追記)

世界の秘密を握っている居酒屋世界の秘密を握っている居酒屋


ただ者じゃない店主が書いた絵ただ者じゃない店主が書いた絵


許可いただきました。良い写真です。許可いただきました。良い写真です。
 
 
 私は来年から台東区の山谷地区に入ろうと思っています。そこでは、お年寄りとか生きづらさを抱えている人と沢山出会います。ここの地域での支援とかを考えることになります。そこでどんな仕事をすることに「なっているか」ということは、なんていえば良いかわかりませんがあまり興味はなくて、ここでちゃんとお金が生まれてなんか楽しい街になったらすごいな、そのまま私がその仕事を失業できたらすごいなーってことだけ思ってます。
 地方が最先端だと思いますが、東京の最先端はこの地区なんじゃないかー。みたいな気持ちです。無理っぽいけど、もしできたらホントの正真正銘ダイバーシティになってしまいますね。考えるのは簡単ですが、やってみなければね、ということでまずは現場っぽいところに入ってみます。まだこの地区では何もしていないので口ばっかりな感じでなかなか恥ずかしいですが、就職大丈夫?と心配され続けるのもあれなので、こんなところに書いてみました。
 
 国際政治学からエスニシティの台頭や地域ナショナリズムに興味を持ち始め、身近な街づくりや地域再生に手を出したいと思い始めてから神田に関わってみようとか色んな店や場所、人に会ってみようとかやってたらこんなことになりましたが、なるようになっていきそうな気配です。ただただ興味あるところに関わってやってるだけなように見えますが、実際そうです。はっきり言ってやりがいとか良心とかじゃないと思います。心から面白くなりそうなものをつくったりやったりしたいです。
 来年までまだ少し時間が残されているので、すでに可能性と魅力に溢れた街、神田で頑張らせていただいて、体験、目撃、勉強させていただきます。
  結局私は神田の地下にすっぽり居る時間なので今日のゲッショクは見られないのですが、なんかもう満足です。明日から頭の中を秋に向けて進ませようと思います。