はるばる、和歌山県の漁師町にて映画祭!


2014年8月27日。


【映画祭をひらきたい方、離島や漁師町と聞いて胸が高鳴る方、地域に人を集めたい方、一緒に和歌山へ行ってくれる方、来週あたり空いてるよという方。など!見て!】

という謳い文句で和歌山旅行の同行者を募ったところ、1人参加してくれました。


9月7日、神保町で行われた映画祭のイベント。
各地の映画祭企画をされているゲストを呼んで、交流会やワークショップを通して映画祭のつくり方を考えるイベントでした。


私がcrewとして編集に関わっているフリーマガジン「じじ神保町」が、和歌山の映画祭とコラボして神保町から映画を推薦するという企画があったのですが、それとの連動イベントです。
(→本当に熱気溢れるイベントだった・・。ここで出会った人たち、面白くなっちゃうくらい皆仲良しになってくれました。)

 

じじ神保町capの青木さんと、読者の山本さんと訪れた加太は本当に良い街でした。
しらすは美味しいし、離島の友ヶ島は思ったより大きいし、浜辺で観た映画は話の内容が波の音や肌寒さ、その日観た海の景色と一緒になって記憶されています。

 

f:id:fuyuhatsutomete:20150423005458j:plain

写真:淡島神社




f:id:fuyuhatsutomete:20150423005524j:plain

写真:加太



f:id:fuyuhatsutomete:20150423005555j:plain

写真:浜辺の映画祭。




f:id:fuyuhatsutomete:20150423005617j:plain

写真:解放された民家に居た猫。