読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

地方議員さんの考えを毎週火曜にスカイプで聴く



2014年8月26日。


地域仕掛け人市で知り合った地方議員さんの、公式ブログを書かせていただくというインターンシップ。ひょんなことではじまりました。

 

毎週火曜22時。スカイプで今その人の考えていることをひたすらにお聞きし、気になったことはもう一声聞いてみて、私の感じたことをその場で伝えてみたり、逆に人生相談に乗ってもらったり、その上で一週間考えながら自分の感性まるまるで書かせてもらっていました。
不思議な役割だったと思います。
初回の話にはインディアンの長老がでてきたり、人生に悩める若者がそのチャットに参加することもあり、私が公園でパソコン膝の上に載せて聞き手をしている最中に新橋のサラリーマンにからまれることもありました。
滅多にできない経験、本当に面白くて自信の湧いてくる作業でした。

 


そんなときに兵庫県に八月豪雨の被害がありました。


災害と、その対応に関して行ったことや感じたこと、今まさに感じていることを限られた時間の中で伝えていただきました。
「経験したことのない災害」はどこにでも訪れるし、そこにはそれまで「普通」に生活していた人がいる、当たり前だけどとんでもないことだと思いました。
そのときリーダーは何を考えていてどんなことで助けてほしいのかを聞いたことは大きなことでした。当時の私の発信力はとても微力で何の役にも立ちませんでしたが、このとき教えてもらったことはいざというときにきっと自分の地域で生かさないといけません。

 

(む)