読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

西郷隆盛に服を着せるところを見ていた日の日記。

皆さまは、
上野公園にいる西郷さんの銅像(容姿の信ぴょう性など様々な疑惑がかけられてはいる)が
年に一回着物を着ているのをご存知でしょうか、、?



着せ替え?いえ、清洗式と言うそう。
おとといの日曜日に参加してきました。




丁寧な儀式のあと、
とび職の方々が組んだ足場の上で
着付けのプロの方々が手早く着付けをします。本当にあっという間。

f:id:fuyuhatsutomete:20150422235947j:plain


何人もの美女に着付けてもらえて西郷さんもちょっと嬉しそう。

太鼓に神輿に大賑わいで、

f:id:fuyuhatsutomete:20150423000002j:plain

f:id:fuyuhatsutomete:20150423000013j:plain

なんと足場をのぼって西郷さんと記念写真も撮ることができます。
(下からスカートの中丸見えです。)




f:id:fuyuhatsutomete:20150423000030j:plain


近くで見上げたら、まるで目に生気があるようで圧倒されました。




この行事、有名ではないですがとても大切な行事のようです。
この活動が、昔からみんなに愛されてきた西郷さんの像を都市開発などから守る役割を果たしているとか。



隣で一緒に見ていたおばあさんが、
「私は福島からの上京組で、上野は東京の始まりの場所でした。この場所がなくなったらさみしくなります。」
と話してくれました。



町づくり計画をしている人って誰なのかな、いまいち知らないけどたまに間違えちゃってる場所ってありますよね。
根こそぎ無くしちゃっていいの?ほんとに?って場所が最近たくさんあります。守れなかったことが申し訳なくなります。


だからもっと見つけて、新鮮に感動し続けていたいのよネ。

 

 


そんなこと思いました。


そしてもう一つ。
西郷南洲は思想である、と言った人がいたそうです。明治維新で権力を得ようとはしなかった西郷さん。
あぁこういう日本人が居たのか、と。
改めて、たくさんのいのちの上に生きてる今をちゃんと生きないと、、と。



f:id:fuyuhatsutomete:20150423000112j:plain

長文しつれいしました。




(み)